弁護士法人 法律事務所MIRAIO

B型肝炎訴訟 給付金請求

0120-783-005
WEB相談はこちら

B型肝炎でつらい想いをされているあなたへ

国との和解により、50万円~3,600万円の給付金が支給されます。

死亡・肝がん・肝硬変(重度)
発症後20年経過していない方(ただし肝がんが再発した場合は再発時から起算します)
3,600万円
発症後20年経過している方(ただし肝がんが再発した場合は再発時から起算します)
900万円
肝硬変(軽度)
発症後20年経過していない方
2,500万円
発症後20年経過、現在肝硬変の方、または過去に肝硬変の治療を受けたことがある方
600万円
発症後20年経過、すでに肝硬変は治癒していて、過去に肝硬変の治療を受けたことがない方
300万円
慢性B型肝炎
発症後20年経過していない方
1,250万円
発症後20年経過、現在慢性B型肝炎の方、または過去に慢性B型肝炎の治療を受けたことがある方
300万円
発症後20年経過、すでに慢性B型肝炎は治癒していて、過去に慢性B型肝炎の治療を受けたことがない方
150万円
無症候性キャリア
感染後20年経過していない方
600万円
感染後20年経過している方
50万円+検査費用等

給付金の対象となる方

B型肝炎ウイルスに感染している方

過去にB型肝炎ウイルスに感染していると言われた方や、現在完治している方も、一度ご相談ください。

以下の(1)もしくは(2)の要件を満たす方と、相続人の方は、給付金が受け取れます。

1一次感染者
集団予防接種等からの感染
  • 昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までに生まれた方
  • 満7歳になるまでに集団予防接種等を受け、その際注射器の連続使用があったこと
  • 母子感染ではないこと
  • 集団予防接種等以外の感染原因がないこと
2二次感染者
集団予防接種等により感染した母親から母子感染した方
(※一次感染者である父親により父子感染した方も対象になります)
  • 母親が一次感染者の方
  • ご本人がB型肝炎ウイルスに感染している方
  • 母子感染であること
3B型肝炎でご家族を亡くされた方
(1)または(2)の相続人の方

こんな場合でも給付金を受取れる可能性があります

  • 過去にB型肝炎になっていて、治ったと言われた
  • B型肝炎ウイルスに持続感染しているが、予防接種を受けたか分からない
  • ご家族がB型肝炎で亡くなっている
  • ご家族がB型肝炎に感染している
  • 医師から対象じゃないと言われた方

あなたが給付金受け取りの対象者かどうかを、30秒でお調べいたします。

  • 30秒で
    かんたんチェック!

あなたは、B型肝炎ウイルスに現在感染している、または感染していたことがありますか?

  • はい
  • いいえ

あなたの生年月日は昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までの間ですか?

  • はい
  • いいえ

あなたのお母様の生年月日は昭和16年7月2日~昭和63年1月27日までの間ですか?

  • はい
  • いいえ

診断結果

あなたは、50万円から3600万円の給付金が国から支払われる可能性があります。

0120-783-005

もう一度
チェックする

診断結果

あなたは、今回定められた法律の手続きを利用できる方には該当しません

法律とは、「特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法」給付金の支給に関する手続きを定めた法律です。

  • もう一度
    チェックする

請求には期限があります

2027年3月31日まで

※2021年6月、特定B型肝炎ウイルス感染者給付金等の支給に関する特別措置法を改正する法律が成立し、請求期限が2027年3月31日までに延長されることが決定しました。

難しそうだからと躊躇されている方も、まずはご相談ください。全力でサポートいたします。

弁護士費用は?

法律事務所ミライオではお客さまに安心してご利用いただくために、わかりやすい弁護士費用を提示しております。

相談料
0円
着手金
0円
成功報酬
給付金額の実質12.5%

症状の出ていない方で感染から20年経過している方は実質9万円(税込)※2

わかりやすい弁護士費用

和解できた場合にだけ成功報酬を頂戴し
それ以外は一切いただきません。

  1. 成功報酬は給付金額の15%(税込16.5%)ですが、4%を国が負担しますので、お客様の実質負担は12.5%(税込)です。
  2. 成功報酬は10万円(税込11万円)ですが、2万円を国が負担しますので、お客様の実質負担は9万円(税込)です。
  3. 別途、印紙代、切手代、書類取得費用(カルテ、公文書など)などの実費がかかる場合があります。

常にみなさまの立場に立って

女性
岐阜県・女性(奥様より)
症状 死亡(夫)
給付金額 \37,440,000
提訴から和解 19ヶ月

的確なアドバイスで不安が解消できました

N先生に今までの主人の経緯を全てお話して、その上で、分かりやすくゆっくりアドバイスを的確にいただけた事です。事務担当のUさんもとても親切で、書類などが分からない点は教えてもらい、対応がとても良かったです。

男性
熊本県・男性
症状 肝がん
給付金額 \37,440,000
提訴から和解 10ヶ月

いつも誠実で丁寧でした

担当事務のK様には大変お世話になりました。初めの頃、わからないことが多くあったとき、何度も電話しても、いつも誠実に丁寧に対応していただき、助かりました。

病院における書類収集の際でも、私の説明が病院の担当の方にわかりにくかったときでもK様が電話で病院の方に詳しく説明され、スムーズに資料収集できました

男性
石川県・男性
症状 無症候性キャリア
給付金額 \522,300
提訴から和解 9ヶ月

気配りが大変嬉しかったです

キャリアで在る事を隠す事と、感染させるのではないかと心配もします。微妙な問題なのでミライオさんは書類を送って下さる時に「ミライオと書かない封書で送りますか?」と聞かれる気配りが私には大変嬉しかったです。

和解実績の情報を公開しています

和解件数

8,506
(2022年4月19日現在)

日本国内だけでなく海外在住の方も和解が成立しています。

地域別和解実績
北海道 782 中国 615
東北 441 四国 204
関東 2,627 九州 沖縄 1,273
中部 876 海外 35
近畿 1,653    

ミライオの和解実績が多い理由とは?

  • 医療訴訟に強い

    私たち法律事務所ミライオは、提携医との協力体制のもとで、過去6000件以上の医療相談をいただくなど、医療訴訟の実績を積み重ねてまいりました

  • 和解までのスピード

    対応案件が増えるほどノウハウが蓄積し、事前に資料収集のご提案が可能となることで、結果的に和解までのスピードを、より早くすることができております。

  • わかりやすい弁護士費用

    ご相談、着手金はすべて無料です。
    給付金が支給された場合のみ報酬をいただく完全成功報酬制です。
    弁護士費用について詳しく見る

  • 全国・海外対応

    日本全国、海外の皆様からのご相談を受け付けて、提訴しております。
    裁判手続きは全て当弁護士が行いますので、お客様が裁判所にお越しいただく必要はございません

  • サービス業の意識

    わたしたちは常にお客様の立場に立って、わかりやすい言葉で迅速丁寧な対応を心がけています。
    B型肝炎で苦しむすべての方のお役に立てるよう、尽力してまいります。

給付金を受け取るまでの流れ

STEP1 無料相談(全国・海外対応/ご来所も可能)

ご相談は何度でも無料です。お気軽にお問い合わせください。
病状や現在の通院歴などのご事情をお聞き取りいたします。

STEP2 必要な資料を収集

給付金請求に必要な資料の集め方をわかりやすくアドバイスさせていただきます。
入手できない資料や、入手の仕方がわからない場合は弁護士におまかせください。

STEP3 弁護士が国に提訴

弁護士が給付金を請求する書面を作成して、国に対して訴訟を提起します。
お客様が裁判所にお越しいただく必要はなく、すべて弁護士におまかせください。

STEP4 国との和解成立後、給付金をお受け取り

お客様と国が合意にいたると、和解が成立します。
和解成立後、弁護士が必要書類を社会保険診療報酬支払基金に提出し、お客様に給付金が支払われます

よくあるご質問

相談のたびに毎回、事務所まで行かなくてはなりませんか?
相談のたびに毎回事務所まで来て頂く必要はございません。事情をお伺いすることはお電話でも出来ますし、資料のやり取りも郵送で可能です。
もちろん、事務所まで来て頂いて直接お話を伺うことも可能です。いずれもお客様のご希望に沿って対応させていただきます。
調査って何をしてくれるのですか?資料の取寄せも全部やってくれますか?
まず、診断書、病院のカルテ等必要な資料についてはすべてMIRAIOがご説明します。
次に、必要な資料をお客様に集めていただきます。
そして、お客様に集めていただいた資料を、MIRAIOが精査して、給付金を請求するための要件を充たしているか、必要書類が揃っているかを検討いたします。
親がB型肝炎で死亡したのですが、親の母子手帳がありません。このような場合でも給付金をもらえるのでしょうか。
すでに亡くなられている方については、接種痕を確認することができないので、予防接種を受けたことがあるかは母子手帳や予防接種台帳により証明することになります。
しかし、母子手帳も予防接種台帳もない場合には、母子手帳や予防接種台帳などを提出できない理由や注射痕があったという事情を説明する書類を用意していただいて、国と交渉することになります。
現在慢性肝炎で県の助成制度を受けながら治療を続けています。今回の給付金を受け取ると、県の助成は受けられなくなるのですか。
今回の訴訟で支払われる給付金は、集団予防接種等の際の国の不法行為に対する損害賠償という性質であるのに対し、各地方公共団体が行っている助成制度は損害賠償とは関係なく、医療費負担を軽減する目的のもとに行われているものなので、法的に考えると、今回給付金を受け取ったからといって直ちに助成制度が受けられなくなる関係にはありません。
ただ、自治体が給付金を受け取った方に対しても今後も助成を続けるかは、各自治体の政策判断によりますので、詳しくは、各地方公共団体にお問い合わせください。
無症候性キャリアの方が、裁判上の和解をした後に、肝炎が発病した場合には、再び肝炎で給付金を受け取れるのですか。
必要書類を集めることで受け取ることができます。
母が感染していて、私もそこから感染したようです。手続きの進め方はどのようになるのでしょうか。
お母様から感染されている方、母子感染の方については、お母様が1次感染者として救済対象になる場合に限って、救済対象になる可能性があります。 したがって、まずは先行してお母様の資料収集から始めることになります。
ただ、お母様の資料収集の過程で、請求できるか否かがはっきりしてくることが多くあります。 その場合には、その段階から親子で同時並行的に資料収集をして、親子で提訴をされている方々も多くいらっしゃいます。
母が感染していて、私もそこから感染したようです。ただ、母は亡くなっているのですが、そのような場合でも手続きはできるのでしょうか。
お母様が亡くなられている場合であっても、お母様が1次感染者として救済対象になる事が確認できれば、救済対象になる可能性はございます。
お母様が亡くなられている場合には、今からお母様の血液検査をすることはできませんが、お母様の過去の記録や、ご自身の医療記録などから母子感染が証明できることもあるからです。
まずはご相談ください。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき、「確認画面に進む」ボタンをタップしてください。
後ほど担当者より相談のご連絡をさせていただきます。

お名前必須
フリガナ必須
メールアドレス必須

※迷惑メール防止のためメールの受信制限をしている場合は、「miraio.com」からのメールを受信できるように変更してからご入力ください。

お電話番号

MIRAIOから電話をする際の名乗り方

※お電話番号を入力いただく場合は、必ずいずれかを選択してください。
※お電話番号にハイフンは不要です。

ご相談内容
MIRAIOを初めてお知りになったきっかけ

事務所概要

事務所名 弁護士法人 法律事務所MIRAIO
社員弁護士 西田 研志
所属 東京弁護士会
代表TEL 0120-783-005(24時間365日受付)
住所 〒160-0023
東京都新宿区西新宿6-15-1 セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿
【代表TEL】
0120-783-005(24時間365日受付)
【代表FAX】
03-6834-0045
  • 東京メトロ 丸ノ内線 西新宿駅C8出口より徒歩5分
  • 都営大江戸線 都庁前駅A5出口より徒歩5分
  • 都営大江戸線 西新宿五丁目駅A1出口より徒歩5分
  • JR新宿駅西口より徒歩15分